983日目 古傷と向き合う

 

過去に自信満々で公開した創作物が、後から黒歴史となって自分を苦しめる、ということをよくやる。熱しやすく冷めやすい性格で、一時的に舞い上がって量産体制に入るが、冷静に見返すとあまりにも稚拙で、恥ずかしいことこの上ない。生半可な完璧主義のせいで、出来の悪いものは全て消し去りたくなる。

こういう話を過去にも書いたことがあるが、そのときはどちらかというと情緒的な部分に寄っていた。今回はもう少し具体的な、作ったモノの中身と現在の捉え方について書き記しておきたい。誰のためでもない、ただ自分で自分の傷を舐めるだけの文章である。

 

漫画

ものすご~~く昔のことを振り返ると、きりちに少年にとって初めての外に向けた「創作物」は、小学校時代に描いていた漫画であった。自由帳2冊分くらい描いていて、仲の良い同級生に見せて回った記憶がある。

まあ、小学生のやることなんてのはまだかわいい遊びの範疇なので、さすがにそれを十字架として背負っているつもりはない。ただただ現物が発掘されないことを祈るだけである。

 

音楽

中学くらいの頃に、どっかから手に入れた中古スマホで作曲をしていた。意気揚々と投稿した楽曲の数は全部で十数曲に上り、非公開だが一応データが残っている。

とはいえクオリティは到底聞けたものではない。目立ちたがりなきりちに少年にとって「コンポーザーな俺かっけェ~!」だけが全てであり、品質の追求とか、そのための時間的努力とかとは無縁であった。

 

SNS

作品……ではないが、承認欲の発露の最たるものとしてTwitterアカウントがある。いわゆる厨二病の全盛期に、まさしく暴走機関車とも言うべき八面六臂の活躍をしていたが、もちろん全アカウント消去済みである。

きりちにに休眠アカウントの概念は存在しない。何故なら全て消してしまうからである。

 

文芸

高校時代にいろいろやっていた。短詩の分野では結構見栄えのする実績を持っている。それゆえ、黒歴史ではなく輝かしい思い出として胸のアルバムに刻まれており、貴重な救いでもある。

一方、散文分野は散々であった。少なくとも、実名が載る文芸誌であんなものを出すべきではなかった。今でも実家の本棚のどこかに並んでいるが、怖くて開けやしない。

 

ゲーム

大学1年の頃をピークに、チームでゲーム制作していた。これに関しては黒歴史とは思っておらず、今遊んでもしっかり面白い出来である。

ただ、プロセスには心残りがある。端的に言えば、バンドに喩えるところの「音楽性の違い」を埋めることができなかった――滾る情熱の温度や、外部の協力者に対する責任感の度合い――。また、メンバーの意思疎通のスタンスの違いもあり、そこに不信感を募らせた時点で、もう自分にやるべきことは無くなってしまった。

 

建築設計

一切やる気がなかった。当然、力作もなければ黒歴史もない。今頃はどこかの焼却炉の灰になっているだろう。一応、専攻分野のはずなのだが……。

 

動画

学部時代の中頃にネタ系のMMD動画にハマり、ついには自作して公開するまでになった。が、一人で盛り上がっているときには気づかないものの、後から客観的に観直すとかなり寒い。思春期を過ぎてもなお黒歴史を生んでしまうという事実が恐ろしい。あらかた削除してしまった。

ただ、一本だけ踏ん切りがつかず、公開されたままの動画がある。割に合わないくらい気合いを入れてアニメーションを作った記憶が、なんとなくその背中を支えている。

 

昨年の夏頃に、日記の末尾に「まいにち〇〇のコーナー」として手描きの模写を挿入していた。今、過去の日記を振り返って紹介するときなどに、当該期間の日記は参照しないようにしている。シンプルに下手で恥ずかしく、わざわざ掘り起こしたくないという思いがある。

絵という創作物は最も視覚的に分かりやすく、それゆえ自作品に対する目も厳しくなる気がしている。

 

文章

言わずもがなこの「きりちにっき」のことである。作品というよりはコミュニケーション・ツールに近く、また我ながら「下手ではない」と思っているため、今のところは消える予定はない。ただ、初期の記事などを読み返すと既に恥ずかしく思うところが出てきており、将来どうなるかは何とも言えない。

どちらかというとPixivで書いているSSの方が危うい。まあしかし、コスプレまでして即売会に出るという暴挙を成し遂げているので、もはや開き直りのフェーズに入っているかもしれない。

 

以上。思い出せる限りの大物はこんなもんだろうか。無論、些細な恥を数えればキリがないほど出てくるのだが、その辺りはもはや記憶の中だけに疼いており、痕跡がないと言えばない。今後も末永く向き合っていくことになるのはどちらかといえば、投稿という儀式を経てアナログ/デジタル・タトゥーとなったモノたちであろう。

黒歴史とは発作であり、ある種のまやかしである。何も僕だって、常日頃ずっと過去の恥について考えているわけではない。これを書いているのは早朝である。たまたまあれこれ思い出して心が不安定になったから、それを落ち着けるために必死で文章を綴ったに過ぎない。本来、自らの承認欲求が引き起こした自傷歴なんてものは、大して気にしない期間も長いものだ。

ただ、過去にあれこれを生んでしまった自覚がある人間は、今後においても何かと新しい生傷を作ってしまう心配がある。そのときに「またやらかした!」と赤面しないで済むように、昔を振り返ってケーススタディしておくことには一定の意味がある。例えば僕にとっての発見とは、創作物はクオリティが高ければ黒歴史化しない。つまり、急な思いつきでやることであっても、公表するからには品質を高めるための努力を惜しまない方がいい……ということだろうか。

 

余談

過去の自分を振り返るにあたり投稿物などを見返したら、高校卒業間際に「かわいいおんなのこメーカー」で作ったと思しきキャラクターを発見した。つまり、今から5年前の性癖である。

 

 

う~ん!! 好きそう!!!!

 

981日目 スイッチオン

 

今日も本を読んでいた。図書館地下の昨日と同じ一人席で、先の大戦に従った日本軍兵士を論ずる新書を。それから研究室に居所を移して、幾度目かの太宰の『人間失格』を。己の研究もそこそこに、古今のあらゆる思想に気まぐれに入り浸り、伸びた爪を気にしながら空調音に馴染むばかりの孤独を楽しむ週末。学生としての最後の年度を迎えた今、むしろ初めて大学というアセットの価値に立ち返り、身にかかるタスクを一旦措いて悠長に文章の坩堝に遊ぶことを知る。んっ

 

980日目 当たり前みたいに軽やかな

 

長いスロープを歩き登ると、真新しいテラスには人っ子ひとり居なかった。暖かい春の風に舞う桜の花びら。おあつらえ向きの心地よい晴れの日に、広々と青空に開かれて静かな、ひみつの屋上。

海老とルッコラのサンド。街角の珈琲ショップで、ミルクのレギュラーを。ひっそりと始まる四月のピクニック。

遠くの道をゆくファミリーが、見渡す線路のヴューを写真に収めている。羽を広げるようにひらひらと渡り歩く、黒いセーターの女性。ゆんゆんと音を立てて電車が駅を出てゆく。

 

それから、空が暗くなるまで、図書館の地下で本を読んで過ごした。目についた本棚から気まぐれに抜き取った、哲学としての映画論。

打ち放しのコンクリートのモノトーンな静謐に、天窓から差す白い光。まばらに座った学生たちがさらさらとペンを走らせる中、ひとりキャップを深々とかぶって、新書をじっと読み耽る。やわらかいスポットライトに温まる、まっさらな木の天板。

するすると長い講義をようやく読み終える頃、閉館のアナウンスが小さく耳に届く。棚の背を揃えてゆったり階段を上ると、しんと冷えた夜は肌に嬉しかった。

 

できすぎなほどに、土曜日の午後。広げたぶかぶかのパーカーに黒いリュックをしょって、当たり前みたいに軽やかな学生の一歩一歩を。

 

もぬけの殻の研究室に蛍光灯をともして、お気に入りの椅子にすとんと座る。ここから真夜まで、今日という日の締め括りを実りあるものにするために、ノートパソコンをひらりと起動して。

 

3時間ツイッターして帰りました~~~~😭😭😭😭😭😭

 

979日目 月と四ペンス

 

わんわんおー東京大学(←!? ありますかそんな大学が。)(あるんです!)(嘘つくな! 何学科があるんですか)(法、けいざい、 教育委、あとはハチマキです)

(ハチマキ?? ハチマキ学科とは何ですか)(踊ります)(踊りを???)(次男うぃおお。、)(ソーラン節です。)(ソーラン節とはあの、北海道の漁船で歌われるという、あのそーらぶしか????)(Hey Yo)

 

 閑 話 休 題 お

 

にゃんにゃんぷー京都大学(←!? ないでしょうさすがに、そんな大学は)(有馬!)(ありません。あるわけが無い、あると思いましたかこのド根性。)(照れるやね)(ほんじゃ一体全体、ニャンニャンプ^京都大学にはどんな学科があるんですか)(砂)(砂?)(ただの砂に興味はありません。猫砂、黄砂、高砂は私のところへ来なさい!!)

 

 閑 話 休 題  よ

 

ぺけぺけぽー一橋大学(←!?!?!? ぺけぺけぽー一橋大学なんてものあるはずがない、。)(あったら……どないす?)(ゴクリ)(あるんあな、これが)(ほな何学科があるんとちゃいますか)(?)(?)(まず理学部。)(その時点で一橋でわない。)(それから紙学科wr)(私学ではない、)(あと忘れてた、もう一つの大切な学科がありますとも)(それは……?)(それは……?)

 

  ゴ  ク  リ

 

デスメタル東京工業大学(←デスメタル東京工業大学!?)(それわ何学科があるんですか?!?!?!??!)(ボサノバ学科)(いやデスメタル五じゃないんか~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~い🤣🤣🤣🤣🤣🤣🤣)

                              😯❓

 

 閑 話 休 題 

 

真面目な話をすると、わたくし乗車中とかゼミ中とか、明らかに「あっ今押し込められてるな」「いま何も許されないな」と感じたその瞬間にめちゃくちゃお腹が痛くなる。とっても痛くなる。これは品を変え形を変え、昔々の高校時代からず==========っと続いている悲しい性である。どう考えてもメンタルの問題で、フィジカルに問題はない。だから病院に行ってどうなるものでもない。ですんで就活においても、どこに就職しても研修なり会議なり出張なり危機管理なりあるわけで、そう考えると一生家に引きこもっていたい。本当に自信がない。いいよ誰も救ってくれなくても。ぶち殺してやる。

 

 力 と は イ ピ マ

 

ラーメン大学(←!? もはやパロリでもな❤❤❤❤❤)(んっふ)(んで何学科があんねん)(塩、豚骨、醤油、味噌、)(お~ベタやな)(鶏白湯、二郎系、家系、)(ええやんええやん)(にぼし、)(通やね)(トマト、)(幅が広くてええな)(プラスチック。)(ん?)(プラスチックラーメンわしわし学科。)(プラスチックラーメンわしわし学科)(夢溢れればいつか叶うよコース。)(夢溢れればいつか叶うよコース!?!?!?!?)

 

 神 様 螺 子 巻

 

どよおよよよよんびが迫りき売る、嵐のように。そんなことって、そんなことって……!?!??!

?!??!

 

 ス ペ ー ス キ ー 壊 れ た 

 

アトランタ大学(←あるやろなあ。そういう大学もあって叱るべき。ん。しかるべき)(ネトフリ学科。)(え?)(NETFLIX学科)(NETFLIXの7文字、、見栄え良すぎ?????)(いやなんで)((著者)俺もビビっています。)

 

 閑 話 休 題 おえw

 

𝙉𝙖𝙩𝙞𝙤𝙣𝙖𝙡 𝙏𝙖𝙞𝙬𝙖𝙣 𝙐𝙣𝙞𝙫𝙚𝙧𝙨𝙞𝙩𝙮 𝙤𝙛 𝙎𝙘𝙞𝙚𝙣𝙘𝙚 𝙖𝙣𝙙 𝙏𝙚𝙘𝙝𝙣𝙤𝙡𝙤𝙜𝙮(←!?? ナショナル・タイワン・ユニベルシダ・オブ・サイエンス・アンド・テックノロj!?)(もういいウマでもないと思いますが、)言うまでもないと思いますが、(工学部と理学部がござい)(おーろ‼🫨)(具体的に胃は、交通工学、都市工学、)(あんまり高額っぽくねーな)(あとは生命科学です)(万物の根源n
!?・!・・1・1・!?!・・1・?!?1・・。?!1・



 

?!・・・!?1・・・・

・!?!

 

 

・!?1・!

・!

・1
!・・!・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

youtu.be

 

978日目 マヨビーム哀歌

 

どお~~~~~~~~~して。ンなあ~~~~~~~~~~~~~ぜ。

カップ焼きそばが食べられなくなってしまった。

もとより体への負荷が強い食べ物とは体感的に知っていた。夜遅くに食べるとニキビができるし、翌日はお腹の調子が良くない。

ンけれども、カップ焼きそばというのはひとつの典型的なロマンであり、また愛すべき友人でもあって、ふとした瞬間に食べたくなってはカゴにがらがらと放り込む、そういう関係性がしばらく続くものだと思っていた。

それが、食べられない。受け付けない。無理をしながら食べ終えて「二度とは……」とうめく。

なんだ。歳か。歳なのか。口では「もう歳でさあ!」と言いつつ、心では「言うて若い若い」と調子をこいている、あの定番の冗談が、ついに現実になったのか。

ラーメンからじゃ、ないのか。まずカップ焼きそばなのか。あっても無くても良いような外食じゃなく、愛すべき夜の軽食から奪っていくのか。

ペヤング大盛りが苦しいのは分かる。UFO爆盛りだって別に食えなくて構わない。だが、一平ちゃんを。一平ちゃんまでも俺から奪うのか。瞬く間にすべてを。

ンなぜ。

飲ませてください。

 

977日目 手渡し

 

前を歩いていた人がはらりと持ちものを落としたので、拾って声を掛けて手渡す。よい行いをしたという誇らしさよりも、大それたことをした、挙動不審じゃなかったか、という恥ずかしさが募る――。そんな日記を過去に何度も書いていることをフォロワーに指摘されて、どうやら俺はいつも試されているらしくて、と冗談を言って笑ったのが昨日のことだ。

そして今日。薄着が過ぎたので着替えようと家に戻っている最中に、その機会はまた訪れた。

 

春の陽気に包まれて、路肩の車までもが楽しくくつろいでいるように見える。そんな昼下がりの住宅街の通りを、お腹に赤ちゃんを愛おしそうに抱っこしたパパが歩いて来る。心地よい揺れに機嫌よく、赤ちゃんが手足をはたはた動かしている。まさに春めいて平和な一日だ——。穏やかな思いに胸を温めながら、僕はすれ違った。

それから十数メートルのんびり歩いて、ふと前に目をやると、何か小さなオレンジ色の落とし物が目に留まった。たった先ほどのことを思い出し、ひとつの予感が胸をよぎる。心持ちせかせかと近づいていって、しゃがみ込んで拾い上げてみると、それは小さな小さな靴下だった。

予感は予感で、確からしいとは限らない。元気なじたばたの片足が脱げていたかなんて覚えてもいない。けれどもすぐさま、確信めいた最良の選択が浮かんだ。僕は百八十度くるりと向きを変えて足を溜めた。顔を上げるとすれ違ったパパの背中が遠くに見えていた。

あとはもう小走りに駆け出していた。そこに挙動不審だとかいうことはどうでも良かった。

 

わずかの一分後、僕は再び自宅を向いて、何事も無かったかのようにゆらゆらと歩いている。今日ばかりは気恥ずかしさとは無縁の、己の迷いなき判断と献身に誇りを抱きながら。