173日目 あゝ音楽の懐古趣味

 

今日もやることやってないのに、無駄に立派なクッペを買った。

責めはすれども罰しはしない、自分に甘い冬の夜です。

 

昨日のお昼前、湧きあがる焦燥感に居ても立ってもいられなくなった私は、ともかく気を紛らわそうと外を出歩いておりました。

いつもの橋に差し掛かって、冷たい風を浴びたとき。突然、鮮明なイメージがフラッシュバックしたのです。

それは、まだ大学に入ったばかりの頃、初めての夏休みに心躍らせたときの記憶。馴染みの学科棟で最後の試験を受け終えて、ゆらりふらりと河川敷を歩いて帰った、あの景色です。下宿に戻って、椅子に腰かけ、半年を走り抜けた達成感に浸りました。昼下がりの風に揺れるカーテン、差し込んでくる初夏の日差し……。

 

情けないですよね。記憶のトリガーを引いたのは「午前中の河川敷」。それだけのことであの夏まで遡ってしまうほどに、今の私はぼろぼろに崩れ、暗い夜にしか橋を渡らなくなってしまった。全てがリモートに代替された二年前の春から、今の今までずっと、私はキャンパスライフに背を向けてきたのです。

狭い世界に一人で閉じこもる生活は案外悪くなかった。どころか、大学デビューの反動で疲弊していた私にとって、全てが完結する下宿での毎日は天国のようですらありました。このデスクに向き合って過ごした二年間を、否定しようという気はないのです。

しかし、いよいよ4回生の名札をつけようとしている今、もはや駄々っ子のように部屋に引きこもっている訳にはいかなくなりました。研究室配属が刻一刻と迫ってきており、折しも対面講義の復活の兆しが見え始めています。

何も分かっていないまま、温情採点に助けられてここまでやって来た、温室育ちの冴えない成人男性。それが突然、天日の下に晒されて、己の青く弱弱しいところを徹底的に叩かれようとしている。

 

試験の過去問を印刷して、机に並べてみました。でも、すっかりだらけ切って大学アンチになってしまった頭には、何が何やら、てんで問題文の意味も分かりません。

初めは「俺たちってダメだよなあ~」なんて肩を叩き合っていた同級生たちも、なんだかんだ実は頑張っていたのでは? 本当の本当に無策のまま過ごしてきた愚か者は、俺一人だけなのではないか?

もはや、その真偽を確かめる術もありません。連絡できる知り合いもおらず、完全に一匹の濡れ狼となった私は、死地に向かうような苦しい心地でとぼとぼと歩いています。

 

 

 

見えるもの、聞こえ来る音、肌を伝う風……。あんな景色や、こんな音楽が、映像よりも鮮やかな過去の記憶を呼び起こします。

今日はいくつか、懐かしい感覚を思い出させる曲でも並べて、終わりにしましょう。記憶を呼び起こす魔力があってかつ、今は聴かなくなった音楽を。

 

youtu.be

 

Utopiosphere (DEEMO)

中学生の頃、まだ「こちら側」の文化(=サブカル的な、オタクの文化)に触れたばかりのときに、好んで聞いていたような気がします。ピアノの美しい旋律で表現された、明らかに救いのない何か。

スコアをシェアするときに表示される「この世界に戦争や災難が無ければいいのに。」という文章は、幻想的な切なさを求め始めた思春期の心に、気持ちよく突き刺さりました。

今の私の価値観のベースが作られだしたのはこの頃です(今でいう「高校同期」の諸君も、私の人格形成に多大なる影響を及ぼしたと思います。責任とってよね)。これより以前の自分とはまるっきり異なる性格に変貌してしまったので、私はどこか、自分のことを「中学2年の冬に生まれた」と思い込んでいる節があります。

 

youtu.be

 

高嶺の花子さん

高校の時点で既に、私は華のない陰キャとして完成していました。……がしかし、どんな人間であろうとも、ティーンエイジには何らかのエネルギーが湧き上がるものと見えます。

「高嶺の花子さん」は学生バンドの一員として文化祭に演奏した曲であり、また、backnumberファンの後輩と仲良くなりたくて聴き始めた思い出の曲でもあります。

決して歌詞そのままの甘酸っぱい青春があったわけではありません。しかし、その清涼感溢れるメロディの風は、自分で叩いたドラムのビートと共に、確かに高校生活のワンシーンを彩っていました。

 

youtu.be

 

Rugie (Arcaea)

大学1年の秋でしょうか。講義をサボるということを覚え始めて、少しずつ堕落の道を歩み始めた一歩目の頃に、この曲と出会いました。

Arcaeaは2年生になってからも継続的に遊んでいたので、この曲に触れる機会も何度かあったはずなのに、どうしてでしょうか。薄いカーテンの傍の小さなテーブルで、繊細なメロディに感動しながら指を繰った、そんな昼下がりのイメージが何故か浮かびあがってくるのです。

Utopiosphereもそうですが、こういった「何を言っているかは分からないが切なく感じられて、破滅的なものをイメージさせる曲」には、ぐっと心臓を掴んで引き寄せるチカラがあるのかもしれません。

 

 

 

……最近お気に入りのgroup_inouなんかも、数年後には自分の感情のトリガーを引っ張ったりしているのだろうか。

そのとき私は、何を思って、どちらの方角を向いているだろうか。

 

172日目 もるひにゃ

 

あきまへん。

マジで一ミリも過去問触ってへん。ゴツいパン食べてジュース飲んだら体調壊した。

挙句、進捗をしてないぶんの余剰エネルギーで、虚しい空リプ大会を引き起こしてる。

 

いま、モルヒネ代わりに、ヒョロヤーの会話を耳から注ぎ込んで楽しんでいます。

公式ひとつ分からない状態で明日は試験。来月には研究室説明会です。

 

いつの間に「カスごっこ」を突き抜けて本当の「カス」になってしまったのか。

 

171日目 上位存在に立ち向かえ

 

「上位存在」って最高だよね。ゲームでもなんでも、最大のどんでん返しとして上位存在が登場する作品は数知れず。

物語の途中でぬっと姿を現して、それまで描かれてきた社会の秩序を跡形もなく消し去る。市井の人々を混乱に陥れ、文明を絶望の淵に堕とす。

上位存在の脅威に晒されたとき、プレイヤーの価値観は根底からガラリと覆されます。あまりにも強烈な「転」が見事な「結」で締めくくられたとき、その作品は神ゲーとして記憶に残ることになるでしょう。

 

ひとことに上位存在といっても、具体的に見るとさまざまなパターンがあります。規模が小さいものから巨大なものまで、思いつく限り並べてみますね(互いに重複するものもあります)。

 

・管理企業

莫大な権力を持つ一企業が、都市全体を牛耳り、ディストピア的統制を強いているというパターン。比較的序盤から判明していて、主人公の戦いの動機となっていることが多いですね。〈例〉ネタバレ回避のため割愛

 

・国家

初めはごくごく個人的な問題解決のために動いていたはずが、どんどん騒動の規模が大きくなっていき、最終的に国家そのものの存亡をかけた戦いになるパターン。腐敗した政府機関の役人とか、クーデターを企むムッキムキの軍人とか、ある意味定番みたいな役回りが多いです。〈例〉ネタバレ回避のため割愛

 

・上位種

ここからちょっと毛色が変わってきます。人類よりも優れた文明を持つ種族が、地上を征服しようと攻めてくるパターン。宇宙人だったり、かつて滅んだとされていた「旧人類」だったりします。終盤で「上位種のさらに上位種」が出てきたりするともう大混乱ですね。〈例〉ネタバレ回避のため割愛

 

・AI

「この都市は何らかの実験のために作られ、AIによって管理されていた。必要なデータが得られたので、これより住民もろとも廃棄する」なんてのはもはや様式美ですね。マップ上に突然オーバーテクノロジーなテクスチャが現れたりすると、俄然興奮が増してきます。なお、AIを作ったのは上位の人類もしくは古の人類。〈例〉割愛

 

・神

人類をその手で創りたもうた神が「もっと良い世界を作ろう」とか言い出して、既存の人類を丸ごと抹消しようとするパターン。いよいよ人智を超えた存在になってきました。お決まりのセリフは「愚かなる人の子よ……」とか「この神をも超えるか……」とか。ラスボス戦は天界か地底でオナシャス。〈例〉割愛

 

・高次存在

人類の世界よりも「次元」が高いところにいる存在。サイエンス・フィクションに登場することが多くて、スピリチュアルな「神」とは少し扱われかたが違います。想像を絶する巨大な殲滅兵器を送り込んできたりする。まさに「天文学的」! 〈例〉割愛

 

・コンピュータシミュレーション

人々の精神・肉体そのものを否定するやつです。この世界はコンピュータの中で作られたシミュレーションでしかない。大地も夜空も全てまやかしで、自分の心すらも虚像に過ぎない、という絶望的な設定です。ぶっちゃけこれ系のストーリーは、クリアしたところで別に救われない気がします(ある日突然世界が消失するかもしれないでしょう?)。〈例〉割愛

 

 

 

 

 

 

 

・プレイヤー自身

ちょっと番外編になりますが、ゲームの中にいる人々に対して、プレイヤー自身が上位の存在として関わるパターン。いわゆるメタネタというやつで、ある意味これが一番よくある展開かもしれませんね。最近のPCゲーで神ゲー扱いされてるインディーズタイトルは大抵これです。「ネタバレを見ずにプレイすることをおすすめします」と書いてあったら、ほぼ確実にメタネタがあると思ってください。〈例〉U

 

あとは、ある人物の体内もしくは精神世界が舞台になっていて、主人公たちは栄養物質や「感情」を擬人化した存在である、というパターンもありますね。人間vs上位存在という構図からは外れるので、特別枠としました。

まあ、僕が思いつくのはこんなもんかな。

 

 

 

それでですね、今回は「上位存在が創った都市」のマップがいかに面白いか、というのをメインテーマにしたかったんです。したかったんですけれども……。

 

あれ? 紹介したいマップ、全部ネタバレになるんじゃね?

 

……ということに気がついたので、今日の日記はこれで終わりです。

なんぼでも語りたいゲームはあるんだけどね、語った瞬間に初見時の鮮度が落ちてしまうことを考えると、ちょっとね。まあ、ちまちまとネタバレにならない範囲でおすすめタイトルを紹介していけたらいいな。

 

(追記)

「国家」と「上位種」の間に「全人類」を入れるのを忘れてた!


170日目 ぷんま😮

 

何か大きな苦難に直面したとき、人はなぜか、それまで避け続けていた小さな面倒事に突然構い始めます。

よく、テスト前に限って部屋の片づけが捗る、なんて言うでしょう? 相対的にしょぼい方のタスクをこなすことで、自分の中に「やってる感」が生まれます。その充実感を以って、デカいタスクが待っていることのしんどさを忘れようとするワケ。

 

わたくしめもまた、ダメ学生のご多聞に漏れず、期末試験を目前に控えながら全く無関係の作業をして過ごしております。

今日はDiscord用のbot「OPENMOUTH bot」を弄って遊びました。ギャグのバリエーションを増やし、新たにおみくじ機能を追加。街に笑顔を咲かせるべく、少しずつ少しずつ拡張していけたらいいなと思っています。

 

こっから呼び出せるはず↓

https://discord.com/oauth2/authorize?client_id=884269859108683786&permissions=264192&scope=bot

 

一応注意点ですが、このbotはマジでくだらない反応しか返しません。そんでもって、作り手が全くのプログラミング初心者なので、未曾有のバグが発生する可能性があります。間違っても大事なグループのサーバに呼び出さないように。

実験用にちっちゃいサーバを立てるなどして、デバッグがてら遊んでみてください。とりあえず、まずは「@OPENMOUTH」と話しかけてみるのがいいかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

はよう力学の過去問に手をつけんかい‼️‼️‼️‼️‼️‼️‼️‼️‼️‼️‼️‼️‼️💥💥💥💥💥💥💥💥💥💥💥💥💥💥😫😫😫😫😫😫😫😫😫😫😫😫

 

169日目 てんばち/これからの性癖の話をしよう3

 

おごごご……しばらくぶりに体調が悪い。大体食生活のせい。

試験4日前とかになってもまだ勉強してないんか? という神の怒りなのかもしれません。いやいや、既に精神的に責め苦を負ってるから! 肉体まで破壊しなくていいから! 助けてくれ!!

 

……ところで169ってなんか3の倍数っぽくないですか? 実際は13^2なので全然違うけど。

チラッと数字を目にしたとき、それが3の倍数かどうかとか、9の倍数かどうかとか、なんか無意識にそういう思考を働かせてしまうことがあります。平方数とか、素数とかもね。このちょっとした感覚が実は、自分が理系に所属している事実と紐づいていたりしないかな~、なんて。

 

 

(追記)

 

例によって、自分の性癖を突き詰める旅の途中です。まだ見ぬ100点満点で完璧なキャラクターを求めて、行先も分からず大海へ漕ぎ出しています。

 

kiritiny.hatenablog.com

 

昨日の日記で、キャラメイカーで作った立ち絵をお披露目しましたね。あの後、キャラの名前を考えてみたり、ちょっとカラーリングを変えてみたりして、決定版を作ってみました(CHARATさんありがとう)。

 

f:id:TinyKiritiny:20220123231008p:plain

 

色合いをモノトーン+赤系に絞ってみました。ビビッドに引き締まったと思う。

なんか麻雀の牌にカラーリングが似てますね。ということで「ワンズちゃん」と名付けましょう。漢字で書くと「萬子ちゃん」です。ちなみに私が一番好きな牌は九萬。

 

……なんか、ベースの好みから少し遠ざかってない? いえいえ、これは仕方のないこと。

冷静に考えれば、フェチというものは互いに相反するもので、それを一体のキャラに100%盛り込むというのは土台無理な話なのです。だって、控え目で大人しい子に惹かれる昼もあれば、大胆で蠱惑的な子に燃え上がる夜もあるでしょう?

普段の感覚であれば、赤スクなんてのは全然守備範囲外。しかし、好きな色合いやコスチュームを、矛盾しない範疇で柔軟に改変しつつ盛り込んだわけですから、ワンズちゃんはキャラメイクのひとつの極限値だと言えるのではないか。無論、最高の性癖キャラというのは他にも何パターンか存在しているはずでして、今回はその中のひとつに達したというわけです。

 

f:id:TinyKiritiny:20220123233343p:plain

博士枠と見せかけて、実は賢くなさそうなこの感じ。うむ! 良き!!

 

キャラメイカーの力を借りることで、突貫工事ではありますが、好きキャラ探しの旅・第一部、完! という感じになりましたね。

いろいろ提案してくれたヒョロヤーさん、どうもありがとう。そのうち、お絵描き沼のヒョロヤーさんに依頼を出してみたりしても面白そうだなあ。

それから、前述のとおり「性癖キャラの極限値は複数ある」ので、引き続き第二・第三のワンズちゃんを生み出していきたいところです(ソーズちゃん・ピンズちゃんにはならないと思う)。

 

 

……ところで、実は。

前々から憧れていた「Skeb依頼」なるものをしてみむとて、実は今朝、お気に入りの絵師さんに依頼を出してみたんです!

Skebはお仕事発注というより「お布施付きお題箱」みたいな感じなので、依頼を受けてもらえるかは正直分かりません。ワンズちゃんを気に入ってもらえるといいなあ。絵師さんも忙しいでしょうから、まあどうなるか、気長に待つことにしましょう。

 

 

(追記の追記)

 

なんか急に、ブログや日記を書くヒョロヤーが複数発生してるみたい!

いいね、いいね。おのが心から湧き上がるあれやこれやを表現する媒体を持つことは、とても素晴らしいこと。各人がどんな小話を聞かせてくれるのか、とても楽しみにしています。

 

168日目 これからの性癖の話をしよう2

 

昨日はキャラメイカーを使って自分の性癖を探った話をしました。

 

kiritiny.hatenablog.com

 

ほんで今日、改めて「キャラメイカー」で検索をかけたら、何やらすごく有能そうなサイトを発見!

CHARAT GENESIS

このサイト、どこぞの企業がしっかり資金を投じて作ったものらしくて、ボディも服もバリエーションが非常に豊か。大量の選択肢に混乱しつつも、とりあえずパッと作ってみました。

 

f:id:TinyKiritiny:20220122205653p:plain

エッッッッッッ

うわ~~~~~~~~~~~~~~!!(ドカ~~~~~~~ン!!!!)

脳幹が暴発してモクモクと煙が立っています。これはヤバい。暴力的なデザイン。

 

いや、最初はパーカーとかブラウスとか、ちゃんと人前に出せるファッションにしようとしてたんですよ。してたんですけど、このキャラメイカーはまず下着から選ぶ仕様になっていまして。「あっ!? スク水あるやんけ!!」……後はまあ、成り行きです。

なんか近未来学園モノのRPGとかで序盤に出てくる、ハカセNPCの不思議ちゃんっぽさある。メンバーが揃ってきた中盤くらいに、急遽プレイヤーキャラとして参戦してきて、パーティ構成でプレイヤーを悩ませるやつです。火力は出ないけどバフデバフ・バステで活躍。攻略サイトでは無能扱いされてそう。

てか、白衣にキャスケット、黒タイツと手袋。カラーリングめちゃくちゃ絶妙じゃないですか? 絶対領域の上下のフチが平行になってるのも美しい(自画自賛)。一次創作沼のプロの皆さま、査定のほどよろしくお願いいたします。

 

 

……さて。気を取り直して、マトモな服装について考えてみましょう。

いろんなファッションをズラっと並べて比較してみようというわけで、ウマ娘の私服一覧の画像を拾ってきました。前提として全員がケモ耳なので、そこのハンデは全くありません。

 

f:id:TinyKiritiny:20220122213243j:plain

私服考えたサイゲの社員、楽しかっただろな

まあまあまあまあ、出るわ出るわの個性の宝庫でございます。

 

この中で好きなのを選べ! と言われたら、例えば一番右上のカレンチャンの白ブラウス&赤スカートとか。清楚なフリして実は破壊力がエグい。

そのお隣のオグリキャップの、ジーンズに白T、上から薄手のカーディガンを羽織ってるのも良き。こういう端正でシンプルなのが好きなのかもしれない。

3段目の左から3番目、ファル子の地雷系ピンクも正直好き。悔しいけどかわいい。いや、これはファル子のイメージに引っ張られてるかな?

4段目だと、左から2番目のタイシンが良さげかも。オーバーサイズの白シャツの上に、スポーティな赤いパーカー。黒くてまんまるい帽子も、小柄なこの子によく似合います。カッコいい系を着ているかわいい子、素敵やんね。

 

ん~、でもまあ、敢えてストリートなやつを挙げてはみたけど、実のところガーリーでヒラヒラしたファッションもこれまた良きなんですよね。一番左下のマヤちんのオレンジワンピースとか、2段目右から4番目のスズカさんの白ブラウス+グリーンのスカートとか。いかにも可憐で優美で、心が浄化されるようです。

いや待て、キャラ本人の印象が先行して、服そのものの評価ができていないような気もする。果たしてオレンジのワンピがかわいいのか、単にオレンジ髪の幼女がかわいいのか……。

 

キエ~~~~~~~~~~~!! よく分からん!

 

やっぱり、デザインだけを見て好みを一元化するのは難しい。組み合わせとか、思い入れとか、そういうものがこの世にある限り、100点満点で完璧の性癖全部盛りイラストなんてものは夢物語なのかもしれません。

興が乗れば近々、性癖チェック・性格編をやろうと思います(便利なサイトがあるといいな)。難しいなりに、ひとつの結論が出せるといいね。

 

167日目 これからの性癖の話をしよう

 

f:id:TinyKiritiny:20220122002950p:plain

マテ

(前半はいつも通りのドチャ低テンションだよ! 共感性の高い人は読み飛ばしてね)

 

昼に起きて、メルカリを眺めて、トリカリを食べて、昼寝して、もびちゃ夜です。僕がこんなことやってる間にも、きっと優秀な同級生たちは、シコシコと試験勉強に勤しんでいることでしょう。ワワッ。泣いちゃった(本当は野某村議員みたいに大号泣してる)。

金具ガチャ? か何かで、遊ぶなら全力で遊びなさい、ぼにゃりと一日を終えるのが一番良くない、的な金言が出るのですけれど。実際のところ、あまりにも大きなタスクというか懊悩というかを背負って、それを見て見ぬフリをしながら遊びに没入するっていうのは、正直無理っすね。今日もゲームなどやってみたけれど、秒でやる気が朽ちていく音が聞こえました。

 

f:id:TinyKiritiny:20220121213639j:plain

ハコボーイ2(3DSはスクショ撮れんのがキツイ)

過去問に向かわなきゃ! と心のどこかでは思っていても、体はフラフラ、まとめサイトを漁ってみたり、ベッドに潜り込んだり。

一年前とかはまだ、大作ゲームにのめり込んでカタルシスを得たりして、多少は価値のある怠惰を過ごせていた気がするのにね。だんだんモラトリアムのタイムリミットが迫ってきている今、完全に「逃避行動」と自覚したうえで罪悪感なく遊ぶってのは、相当心が図太くないとできない芸当です。

最近ちょっとだけ、新しいバイトに精を出してみたりしたのも、突き詰めれば勉強からの逃避行動に他ならない。労働=生産的、という単純な図式に則って、罪悪感なく勉強から逃げられる手段を探していたに過ぎないのです。伝家の宝刀「勉学に集中」を言い訳にして辞めるつもりだけれど、冷静に考えたら言い訳でもなんでもなく、そろそろ真面目に学生の本分と向き合うべき時なんだわ。

そういえば先刻、急に上司から電話来てビビり散らかしたのだけれど、一度辞めると決めたからには譲歩しない自分でありたい。ヒョロヤー諸賢、どうかオラに勇気を分けてくれ。

 

うふぇ~ん、カフェイン採っても目は覚めないのに、胃腸は活発になりやがる。二度と烏龍茶の箱買いはしません。

とりあえず明日……というか今夜の目標は、履修中の全科目の単位要件をちゃんとチェックして、過去問を一通り収集すること。脅威をこの網膜にハッキリ焼き付けることで、初めて正しく危機感を抱くことができるはずだから。試験勉強はしんどいけど、さすがに今期0単位とかで教授っちとお目見えするわけにはいかないからね。

てか研究室見学どうしよ。そもそもいつ、どういう形式で振り分けが行われるのか全然知らないし。あももももももだめだめだめ、もうこれ以上悩みを増やすのは止しましょう。

ま、今夜は頑張るぞ! ……あ~いや、明日は頑張るぞ! むん、むん、えい!

 

 

😮⭐😮⭐😮⭐😮⭐😮⭐😮

 

 

ひゃ~い!! 突然ですがここからは性癖の話になります。ガハハ!!

そもそも自分の性癖ってちゃんと把握できてるもんなんでしょうか? 人生で一度はSkebとやらで性癖全部乗せイラストを依頼してみたいんですけど、よくよく考えると自分が好きな属性がなんなのかいまいち分かってないような気が。

ひとつだけハッキリしているのは、ケモ耳に目が無いということ(耳はあるので。ギャハハ)。ですからウマ娘なんかは、右を見ても左を見ても大体お気に入り、みたいなアジャストコンテンツってワケです。

んでも、それじゃあウマ娘の中でどの子が一番かと問われると、これがなかなか定まらない。アホの子スペちゃんにスレンダー美人のスズカさん、ロリっ子マヤちんに鬼嫁エアグルーヴ先輩と、どのキャラクターもたいへん魅力的なんですよね。それぞれの人柄、それぞれの物語に良さみを感じて、いわゆる「箱推し」になりがち。

これじゃあ一枚絵を依頼しようにも、どんな指定をすれば最大値の幸福が得られるのかわからない……。

 

ってなわけで、こないだ「女の子メーカー」なるものを試してみました! 着せ替えゲームの要領で、髪型とか目元とか、自分の好きな要素を詰め込んでいく遊びです。これを何種類かやってみることで、だんだん自分の性癖が可視化されていくのではないかと。

 

おんにゃのこメーカー|Picrew

レトロ風メイドメーカー|Picrew

ケモ魔女メーカー|Picrew

ねこのせ少女2|Picrew

ロリっこメーカー|Picrew ←記事頭のやつ

 

さて、作ってみた結果がこちらです。

 

f:id:TinyKiritiny:20220122002926j:plain

 

 

😮

 

😄ニコッ

 

 

髪型:ショートヘア一択。自然とイエロー系に引き寄せられる。

肌色:たぶん「イエベ」。

目:あんまりこだわりがない。エッチなのは右上の子。

耳:言わずもがな。特にキツネ耳とネコ耳。

口:いたずらっぽい系か、アホっぽい系が良き。ω

アクセ:チョーカーは古傷が痛む(とても好き)。

服装:最近はストリートな白パーカーとかが好み。NSFWについては割愛。

体型:小柄なキャラに愛らしさを感じる。丸みは適度にあったほうが嬉しい。

性格:大体なんでも気に入るが、敢えて言うなら「動物っぽい」子。活発さとアホっぽさは加点対象(やっぱウマ娘最強じゃね?)。メンヘラは帰れ。

 

以上、見た目だけで決めたらこんな感じになりました。なるほどね~、割と納得。

野性味溢れるケモ耳ガールを、いっぱいかわいがってみたいってワケだ。

 

 

これ系のキャラメイカーの面白さがよく分かりました。次は、キャラの性格に特化したエディターなんかもやってみたいな。もしいい感じのサイトを知っている人がいたら、じゃんじゃん教えてください。

まだ見ぬ「100点満点で完璧」なガールを探す旅はまだまだ続く……。

 

f:id:TinyKiritiny:20220122012638p:plain

おまけ